茶葉の等級 その1 紅茶を飲もう

2009年05月14日

茶葉の等級 その1

紅茶の分類方法に等級(グレード)というものがあります。
等級と聞くと、紅茶の味や香り、品質などによる分類と思われがちですが、品質には全く関係なく、茶葉の大きさや形よって分類されています。

まず、大きく茶葉のとれる部位によって分けられます。
上の部分から順にまとめていきましょう。
◆フラワリー・オレンジ・ペコー(FOP)
先端部分の新芽(チップ)をフラワリー(F)と言い、このチップを多く含むほど上質な茶葉となります。
フラワリーとは香りが花のようであることを意味し、等級の最初にFをつけて表示します。
チップの質や量によって、さらにTGFOP(ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)、そのまた上のFTGFOP(ファイネスト・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー)という上級グレードがあります。
◆オレンジ・ペコー(OP)
その下にある、チップの次に若い葉のことを言います。
茶葉は細長くよじった大きな葉ですが、葉肉の厚みはありません。
◆ペコー(P)
OPの下の部位にある葉のことを言います。
太めでOPほど長くもなく、葉肉も厚めになります。
◆ペコー・スーチョン(PS)
Pよりも下にある葉のことを言います。
茶葉は太く短めになります。
◆スーチョン(S)
PSの下にある葉の事を言います。
茶葉は太く、丸められ小さくなります。
多くは増量用の茶葉として使われています。

オレンジ・ペコーという名称が付いていますが、果物のオレンジとは関係ありません。

この、部位による分類とは別に加工方法によっても分けられ、その双方の組み合わせによって紅茶のグレードが区分されていきます。


ラベル:紅茶 
posted by teaちゃん at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。