茶葉の等級 その2 紅茶を飲もう

2009年05月14日

茶葉の等級 その2

紅茶のグレードは、茶葉の大きさや形によって分類されます。

まず、茶葉の取れる部位によって、上からFOP(フワラリー・オレンジ・ペコー)、OP(オレンジ・ペコー)、P(ペコー)、PS(ペコー・スーチョン)、S(スーチョン)とに分けられます。

次に、茶葉の加工方法によって分けられます。
茶葉をそのままの大きさで加工したフルリーフ(F)、細かくカットしたブロークン(B)、さらに細かくカットしたファニングス(F)、これよりも細かく粉条にしたものがダスト(D)、さらにその下にCTCと呼ばれる方法があります。

部位と加工法を組み合わせのよって紅茶のグレードは区分されます。

例えば、FOPを細かくカットしたものはFBOP(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコー)と呼ばれます。
簡単に区分をまとめていきます。

・BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)は、OPの茶葉をカットし、ふるいにかけて2?3mmの大きさにそろえたものです。
形が小さい分、フルリーフのものより抽出時間が短くなります。

・BP(ブロークン・ペコー)、BPS(ブロークン・ペコー・スーチョン)は、それぞれPとPSを細かくカットしたものです。
どちらも、やはり短い抽出時間ですみます。

・BOPF(ブロークン・オレンジ・ペコー・ファニングス)はBOPをカットしふるいにかけた時に下に落ちた茶葉です。
水色は薄くなりますが、抽出時間が短縮されますので主にティーバッグ用に使われます。

・D(ダスト)は粉状にもので、抽出時間が極めて短いため、多くはティーバッグに用いられます。

ラベル:お茶 紅茶
posted by teaちゃん at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。