日記 紅茶を飲もう

2009年08月21日

紅茶の種類と特徴

紅茶の種類はたくさんありますが、多くは生産された地名がその名称となっています。
ごく一部ですが、有名なものを国別に、簡単にまとめてみました。

【インド】
紅茶の生産量は世界一です。
・ダージリン
世界3大銘茶のひとつです。
産地はインド北部、標高2000メートルのヒマラヤ山麓にあるダージリンです。
水色はオレンジ色で、上品な香りと風味を持ち、紅茶のシャンパンとも言われています。
・アッサム
産地はダージリンの東にあるアッサムで、世界最大の紅茶の産地です。
水色は濃い赤色で、芳醇な香りと濃厚でコクのある味を持つためミルクティーに最適です。
・ニルギリ
産地は、南インドにあるニルギリ高原です。
水色は赤みのあるオレンジ色で、くせがなくすっきりとした香りです。

【スリランカ】
紅茶の生産量は世界第2位です。
・ウヴァ
世界3大銘茶のひとつです。
産地は南東部の山岳地帯、ウヴァです。
水色は赤とオレンジの明るい中間色で、渋みのある刺激的な味を持ちます。
・ディンブラ
産地はウヴァの反対側にある山岳地帯です。
水色はオレンジ色で、渋みのない優しい味とバラに似た香りを持ちます。
・ヌワラエリヤ
産地はスリランカの最高地にあります。
水色はオレンジ色で、クセのない味と花のような強い香りを持ちます。

【中国】
・キーマン
世界3大銘茶のひとつです。
水色は薄いオレンジ色で、蘭に似たスモーキーフレーバーを持ちます。

【その他】
・ケニア
インド、スリランカに続き、世界三番目の生産量を誇ります。
産地はケニア山周辺の高地です。
水色は濃い赤色で、渋みが少なくコクのある味を持ちます。


posted by teaちゃん at 03:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ヨーロッパで大衆化した紅茶

紅茶は、中国からヨーロッパへ、初めは緑茶として伝わりました。
不発酵の緑茶が、ヨローパッ人の嗜好に合わせて、次第に完全発酵の紅茶へとかわっていき、大衆化していきました。

イギリスで紅茶が広まったきっかけは、1662年のイギリスのチャールズ2世の結婚でした。
嫁いできたポルトガルの王女キャサリンは、お茶が好きだったので、嫁入り道具として、中国のお茶と喫茶道具、そして当時は貴重であった砂糖を大量に持参しました。
貴重なお茶に、貴重な砂糖を入れて飲むという贅沢な飲み方が貴族社会にひろがり、次第に喫茶が習慣化されていきました。

1689年、イギリス人は中国広東からの茶葉の直輸入を始めました。
イギリス最古の紅茶商「トワイニング」の元となる「トム」の創業もこの頃です。
1721年には、イギリス東インド会社は中国の茶葉の輸入をほぼ独占し、1813年に独占輸入が廃止されるまで続きました。
この時の取引の利益が、大英帝国を繁栄させる基礎を築いたといわれています。

1730年代になると、イギリスに次々とティーハウスが登場し、次第に大衆化していきました。
やがて、紅茶は各家庭でも飲まれるようになり、食料品店で売られ始め、市場はますます拡大していきました。snp1014-s_R_R.jpg

1831年、イギリス人が、当時植民地であったインドのアッサム地方で自生の茶木を発見すると、東インド会社がアッサム地方での茶木の栽培を始めます。
その後、植民地であるインドやセイロン(現スリランカ)に茶園をつくり、大量生産されるようになりました。


ラベル:紅茶
posted by teaちゃん at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国から伝わった紅茶

紅茶の茶葉のとれる木は、緑茶やウーロン茶と同じで、原種は中国雲南省からチベットやミャンマーにかけての山岳地帯に自生していたツバキ科の常緑樹とされています。

中国ではお茶は、はじめは飲料としてではなく不老長寿の霊薬や薬として飲まれていました。
飲み物として一般化したのは6世紀以降となります。
10世紀に入り、海路や陸路シルクロードによって中国から中近東へ広まりました。
シルクロードから広まったものが「チャ」と呼ばれるようになり、海路で広まったものは「テ」と呼ばれました。
そのために今でもインドやトルコなどでは「チャ」「チャイ」と呼ばれ、イギリスやフランスなどでは「テ」「ティー」と呼ばれているのです。

ヨーロッパにお茶がもたらされたのは16世紀から17世紀です。
当時、海上貿易で世界一の貿易国だったオランダによって中国から伝えられました。
はじめから今のような紅茶だったのではなく、不発酵の緑茶が伝わりました。
それが紅茶へとかわっていった経緯は、はっきりとわかってはいません。
製造業者が、買い手の嗜好に合わせて、ウーロン茶系のお茶を発酵させていくうちに、完全発酵させて紅茶が生まれたのではといわれています。

初めてイギリスでお茶が売られた1657年当時は、まだ飲料としてではなく、『万病に効く東洋の秘薬』として売られていました。
1662年、イギリスのチャールズ2世が、お茶が好きだったポルトガル王女のキャサリンと結婚したことをきっかけに、貴族社会にひろがりました。
その後18世紀にはいり、次第にイギリス貴族社会で人気を高めていきました。


posted by teaちゃん at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。